今月のプレゼント

野菜あらいのお水“ベジセーフ”

・農薬や展着剤、ワックス等除去
・野菜や果物の鮮度を保持
・野菜のアク抜きにも
・お魚やお肉も洗えて臭みを消せる

スプレーして20秒ほどなじませて流水で流して完了!

乳首の凸に悩む人生から、卒業。男をアゲる「NoPointsインナー Ver.3」

NoPointsで ストレスフリーな時間を

着るだけで乳首の悩みを解決したい想いで開発を進めてます!

プレゼントに応募する

新着

世界に一つのSDGsニュース

2022/10/16

縮小が進む世界の空港
持続可能な空の旅とは

・アジアのハブ空港として、シンガポールのチャンギ国際空港や韓国のインチョン国際空港に負けまいと、日本でも拡大を続けてきた空港ですが、いま、世界の主要空港は環境の影響を懸念し「成長を止める」方向に向かっています。 ・例えば、ヨーロッパで3番目に旅客数が多いオランダのスキポール空港は、年間発着回数を54万回から最大44万回に制限すると発表。空港の接続性が20%低下し、これまでオランダの繁栄に大きく貢献していることを理解しつつ、人々のより良い生活環境を実現するために、経済・社会・環境のバランスを模索したという。 ...

ReadMore

世界に一つのSDGsニュース

2022/10/16

ペットボトルからペットボトルは出来ない?? 水平リサイクルが加速するワケ

・現在、国内におけるペットボトルのリサイクル率、どのくらいかご存じですか? ・2021年、国内のリサイクル率は88.5%で、推進協議会が目標とする「85%以上の維持」を上回っており、世界基準で見ても非常に高い数字です。 ・回収されたペットボトルは、新しいプラスチック製品に生まれ変わり、ペットボトルは環境不可が少ない。と思いたいとことですが…日本では、回収したペットボトルを含むプラスチックの約60%を熱回収という形で燃やしており、これを「サーマルリサイクル」と呼びます。そのため、環境先進国からは、日本がやっ ...

ReadMore

世界に一つのSDGsニュース

2022/10/16

訪日旅行者の不満が多い??
日本が弱いナイトタイム観光とは

・日光ニュースで、日光における夜の観光というお話が出ました。日光に限らず、外国人から見ると、日本における夕方以降の楽しみ方の少なさが指摘されていますが、どう思いますか? ・最近でこそキャンプがブームとなり、夜の新しい楽しみ方も増えてきていますが…夜に遊びに行くとなると…飲みに行く?くらいしか見当たらず…「ナイトタイム観光」が乏しいのが現状。 ・例えば、イギリスでは劇場や飲食店など「ナイトタイム産業」の市場規模が10兆円に達したとの試算もあり、この流れを後押しするため、ロンドンでは地下鉄の終夜営業が行われて ...

ReadMore

世界に一つのSDGsニュース

2022/10/16

ニーズの掘り起こしに成功⁉ ケンタッキーにある植物まみれのホテルとは

・SDGsの普及と、コロナ禍が重なった事もあり、自宅で植物を育てることに関心を持つようになった人が増えており、第一園芸株式会社の調査によると、現在、観葉植物を育てている人の約30%が、コロナ禍になってから育て始めています。 ・自宅で植物を育てる人が増えるのと同時に、ある悩みが出現。それは、ペットを飼っている人と同じように旅行になかなか行けないということ。ペットを飼っている方々、気持ち分かりますか? ・ペットならペットホテルが最近増えており、一緒に行けるというメリットがありますが、旅行中の植物の世話に悩む人 ...

ReadMore

世界に一つのSDGsニュース

2022/10/16

コロナ禍で若いリスナーが増えたラジオ番組!
求められるラジオの役割や未来って何だろう

・今、ラジオを聞く若者で増えつつある現象はご存じでしたか? ・12~69歳の男女約5000人を対象としたビデオリサーチの調査によると、「ラジオを聴く時間が増えた」と答えた人が12.6%に上った発表。またアプリで聞けるラジコは、数カ月で登録者数が約150万人増加。過去に前例がなく、同時に長年の課題だった若年層の取り込みに成功した。 ・コロナ禍の先行き不透明な状況下で、リスナーと本音で向き合う、あるいは寄り添う「コミュニケーションメディア」として、ラジオの力が見直されています。 ・そこで、本日は「ラジオの役割 ...

ReadMore

世界に一つのSDGsニュース

世界に一つのSDGsニュース

縮小が進む世界の空港
持続可能な空の旅とは

・アジアのハブ空港として、シンガポールのチャンギ国際空港や韓国のインチョン国際空港に負けまいと、日本でも拡大を続けてきた空港ですが、いま、世界の主要空港は環境の影響を懸念し「成長を止める」方向に向かっています。 ・例えば、ヨーロッパで3番目に旅客数が多いオランダのスキポール空港は、年間発着回数を54万回から最大44万回に制限すると発表。空港の接続性が20%低下し、これまでオランダの繁栄に大きく貢献していることを理解しつつ、人々のより良い生活環境を実現するために、経済・社会・環境のバランスを模索したという。 ...

世界に一つのSDGsニュース

ペットボトルからペットボトルは出来ない?? 水平リサイクルが加速するワケ

・現在、国内におけるペットボトルのリサイクル率、どのくらいかご存じですか? ・2021年、国内のリサイクル率は88.5%で、推進協議会が目標とする「85%以上の維持」を上回っており、世界基準で見ても非常に高い数字です。 ・回収されたペットボトルは、新しいプラスチック製品に生まれ変わり、ペットボトルは環境不可が少ない。と思いたいとことですが…日本では、回収したペットボトルを含むプラスチックの約60%を熱回収という形で燃やしており、これを「サーマルリサイクル」と呼びます。そのため、環境先進国からは、日本がやっ ...

世界に一つのSDGsニュース

訪日旅行者の不満が多い??
日本が弱いナイトタイム観光とは

・日光ニュースで、日光における夜の観光というお話が出ました。日光に限らず、外国人から見ると、日本における夕方以降の楽しみ方の少なさが指摘されていますが、どう思いますか? ・最近でこそキャンプがブームとなり、夜の新しい楽しみ方も増えてきていますが…夜に遊びに行くとなると…飲みに行く?くらいしか見当たらず…「ナイトタイム観光」が乏しいのが現状。 ・例えば、イギリスでは劇場や飲食店など「ナイトタイム産業」の市場規模が10兆円に達したとの試算もあり、この流れを後押しするため、ロンドンでは地下鉄の終夜営業が行われて ...

世界に一つのSDGsニュース

ニーズの掘り起こしに成功⁉ ケンタッキーにある植物まみれのホテルとは

・SDGsの普及と、コロナ禍が重なった事もあり、自宅で植物を育てることに関心を持つようになった人が増えており、第一園芸株式会社の調査によると、現在、観葉植物を育てている人の約30%が、コロナ禍になってから育て始めています。 ・自宅で植物を育てる人が増えるのと同時に、ある悩みが出現。それは、ペットを飼っている人と同じように旅行になかなか行けないということ。ペットを飼っている方々、気持ち分かりますか? ・ペットならペットホテルが最近増えており、一緒に行けるというメリットがありますが、旅行中の植物の世話に悩む人 ...

クイズ!思考するヒント

クイズ!思考するヒント

フォルクスワーゲンが販売する意外なものとは??

フォルクスワーゲンが販売する意外なものとは?? クイズをスタート Continue

クイズ!思考するヒント

イギリスの家庭内暴力を救った鉄道会社のサービスとは⁉

イギリスの家庭内暴力を救った鉄道会社のサービスとは⁉ クイズをスタート Continue

クイズ!思考するヒント

福岡を走るトラックの意外すぎる燃料とは??

福岡を走るトラックの意外すぎる燃料とは?? クイズをスタート Continue

クイズ!思考するヒント

ニューヨークの図書館で貸し出すものとは?

ニューヨークの図書館で貸し出すものとは? クイズをスタート Continue